"

同じパソコン、同じ定格550Wでも高負荷時で最大27ワットも違う!! 恐るべきプラチナパワー!

新・第4世代告知~電源特集
新・第4世代告知~電源特集

 上の2つの電源を検証で比べてみた結果、高負荷時で約30W近い差が出たことに編集部もビックリしたんですがかなり違いますよね。計測したベースマシンはマウスコンピューター「MDV ADVANCE MDV-GZ7400S」で、自作PCにかなり近いストレートなBTOパソコンです。本来の消費はFSP社製500W電源を搭載し、アイドル時38.8W/高負荷時178Wです。こう見るとPLATINUM電源のEarthWattsはただこのPCに差し替えるだけでアイドル4W、高負荷時12Wも実際の消費電力が低下しているのがわかります。あらためて自作パソコンはパーツ1個1個が高級品であるというのがわかりますね~。裏を返せば、BTOパソコンの電源を同じ場所にすべてつなぎ変えるだけで性能向上が図れるともいえます。

"

同じパソコンでも消費電力差が約30ワットも開く電源選びのキモとは - 週アスPLUS

cooler required for bitfenix prodigy! - Overclockers UK Forums

cooler required for bitfenix prodigy! - Overclockers UK Forums

SPCR • View topic - HDD Elastic Suspension… Show your pics!

SPCR • View topic - HDD Elastic Suspension… Show your pics!

"Front View
450

Cable Management Side
450

The Belly of The Beast
450

Closeup of Water Cooling
450"

Silverstone TJ08-E Owners Club. - Page 90

このギッシリ感はすんばらしい

[Official] Cooler Master ATCS 840 Owners Club - Page 340

[Official] Cooler Master ATCS 840 Owners Club - Page 340

"

現在、NVIDIAのGeForce GTX660で、130khash/sほどで掘っているのですが、これだと1BTCを稼ぎ出すのには、2年弱かかります。

さすがにGeForceだとかなり効率が悪いので、さっさとRADEONを買ってきて、効率よく採掘しようかなどと考えていました。
が、そもそもどうせお金をかけるのであれば、専用に1台用意しようと考えなおしました。

ということで、GPUを使ったscrypt暗号通貨採掘用に1台PCを組みます。
ちなみに海外では「Mining Rig」と呼ばれていて、画像検索するとすさまじい部屋の画像が大量にヒットします。


まずはグラボ選びです。

AMD Radeon™ R9シリーズで比較してみます。

ざっとぐぐって比較しただけなので数値は適当です。
特に実際の消費電力はサイトによって色々な数字が出てくるので、まぁ適当です。

AMD R9 270
 ハッシュレート 450 khash/s
 消費電力    220 W
 実売価格    20,000 円

AMD R9 270X
 ハッシュレート 470 khash/s
 消費電力    230 W
 実売価格    25,000 円

AMD R9 280x
 ハッシュレート 725 khash/s
 消費電力    330 W
 実売価格    35,000 円

AMD R9 290
 ハッシュレート 830  khash/s
 消費電力    320 W
 実売価格    50,000 円

AMD R9 290x
 ハッシュレート 970 khash/s
 消費電力    350 W
 実売価格    55,000 円


初期投資1円あたりのハッシュレート

まずはある程度のハッシュレートを確保するのに、効率的な初期投資はどのGPUになるのか、1円あたりのハッシュレートを計算してみましょう。

 AMD R9 270   0.0225 khash/円
 AMD R9 270x  0.0188 khash/円
 AMD R9 280x  0.0207 khash/円
 AMD R9 290   0.0166 khash/円
 AMD R9 290x  0.0176 khash/円

やはりハイスペックGPUは割高なんですね。
スペックの低いGPUのほうが初期投資という側面で見ると、効率的なようです。

手っ取り早くハッシュレートを確保するには、安いGPUを大量に導入すれば良さそうです。


1Wあたりのハッシュレート

次に電気代などを考えると、もっとも効率的なGPUはどれなのか、1Wあたりのハッシュレートを計算してみましょう。

 AMD R9 270  2.04 khash/W
 AMD R9 270x  2.04 khash/W
 AMD R9 280x  2.20 khash/W
 AMD R9 290  2.60 khash/W
 AMD R9 290x  2.77 khash/W

これは当然と言ってもいいでしょうが、ハイスペックGPUほど効率的なようです。

実際どの程度の差か比較してみましょう。
270と290xそれぞれのエネルギー効率で、3,000khash/sで一日採掘した場合の利益が以下です。
※効率がよさそうなマイナーコインを採掘してBitcoin経由で既存通貨に換金する想定。

 270  21.5ドル
 290x 23.5ドル

1日約2ドルの差ということは、月あたり日本円に直すと6千円の差異があります。
初期投資については290xのほうが不利なので、270と290xで同じ3,000khash/sの構成を作るには、購入価格に4万円弱(単純計算)差異が出ます。

その差分をエネルギー効率のおかげで取り戻せるのは、約半年後になります。

めまぐるしく状況が変わる暗号通貨の世界で、半年は少し長い気もします。

半年後なんて、Bitcoinバブルも何も、もうすべて吹き飛んで何も残っていないかもしれません。
また、GPUが溶けたり、PCが燃えたりなんてことも十分考えられます。

やはり3ヶ月ぐらいのスパンで考えて、最適な構成を考えるべきでしょう。


ちなみに、さらに安いGPUだとどうなるかと言うと、中古7千円ぐらいで売っているHD5850だと、消費電力230Wで340khash/sほど出るらしいので、1.478khash/W。

これは3,000khash/sでまわせば、270との比較で1日あたりマイナス2ドルほどなので、270を選択した場合、HD5850を選択した場合との購入価格の差分回収には約1年ほどかかります。

となるとHD5850でいいじゃないかという気がしてきますが、実際には手放すときにいくらで売れるかなども考慮にいれると、半年、1年後に中古で売買可能なレベルにしたほうが良いかもしれません。

また、HD5850で3,000khash/sも出そうとすると、HD5850が9台必要です。
必要な電力は2000Wを超えてきますので、今度は電源をそろえるコストも問題になりますし、確実に部屋の子ブレーカーが落ちます。
てかたぶん家、燃えますね。

ということで、何が良いとは一概には言えませんが、安めのGPUで初期投資を抑えつつ、電源容量と相談しながら決めると良さそうです。

ターゲットとするハッシュレートを2.5~3.0Mhash/sぐらいにすれば、月5万円ぐらいの利益が出そうなので、そのぐらいの構成を20万円以内で組んで、4ヶ月でペイするイメージがちょうど良いのではないでしょうか
"

チマチマ掘ってられるか!Mining Rigを自作する その1 GPU選び | ぎーくなぁど

"

さてWindows 8のスタートメニューの件だが、 Microsoftが近く再導入させることは間違いない。その点は今年に入ってデベロッパー向けのBuildカンファレンスですでに予告されている

しかしここに来て新しい情報が入った。復活するには8月だというのだ。

著名なMicrosoftウォッチャーのMary Jo Foleyが最近報じたところによると、MicrosoftはWindowsの開発サイクルを年2回に強化する方針だという。それが事実とすれば、スタートメニューが復活するはずの次のアップデートは8月ごろということになる

"

Windows 8にスタートメニューが戻ってくるのは8月らしい | TechCrunch Japan

Gridseed USB Mini Bitcoin&Litecoin Miner

Gridseed USB Mini Bitcoin&Litecoin Miner

"

AFTって何?

AFTとは、アドバンスド フォーマット テクノロジーの略です。2011年頃から各ハードディスクメーカーで採用されるようになった技術です。

ハードディスクは、膨大な数のセクタと呼ばれる記憶領域(区画)があるのですが、そのセクタはもともと512バイトという大きさでした。

これを 4096バイト(512バイトの8倍=4キロバイト)にして大きくする技術が AFTといわれるものです。

この技術により、ハードディスクのプラッタの容量を増やし、エラー訂正の精度を高めることができるといわれています。

なので今後 ハードディスクはAFTのものが主流になるといわれています。

このページでは、AFTハードディスクとはどういうものなのか?アライメント調整とは何か?ということについて解説しています。

"

AFT ハードディスクとアライメント調整 パソコン初心者講座

ff-patri:

HTML5 の Webベンチマーク
A8-5600K

ff-patri:

HTML5 の Webベンチマーク

A8-5600K